タグ別アーカイブ: タラン通り

Bo【ok】Hemian│プーケットタウンのブックショップ&カフェ

村上春樹の海外装丁版を発見した!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この店はタウンのタランロードにあり、古本屋風のカフェとして、結構以前からあり、ノーエアコンだがお客が多いなあと思う店だった。久しぶりにそぼを通ったら、エアコンにリノベーションしていたので、初めて寄ってみた。

ちょうどオーナーがいて、ちょっとお話を聞いてみると、この店は2人の男性オーナーで経営しているらしい。地元人ではないとのこと。今日は不在のもうお一方はヤオヤイ島で医者をされているらしく、執筆業もされているらしい。そしてこの方は本が好きでいろんな本を置いているらしい。

本棚に目を向けると村上春樹の海外版というのか?何冊も置いてあった。さすが世界のムラカミハルキ!装丁も(たぶん)日本とは趣が違うようで目を引いた。私はなぜか、ここでタイ語の九州ガイドブックを買った。写真が多くて、表紙はネコの写真。タイ人はどんな日本のものに目が引かれるのだろうとおもって購入。

こちらもシノポルトギース様式のショップハウスに入るお店だが、このスタイルのショップハウスは細長く、途中に中庭があって、さらに奥にまた部屋があるというのが一般的だ。だから奥の空間がギャラリーのようになっているところも多い。なんか余裕の空間になっていたりする。このお店の奥もなかなかアートな雰囲気だった。

ここがカフェコーナー。奥にも本棚がみえます。
ここがカフェコーナー。奥にも本棚がみえます。

 

Bo(ok)hemian  

61 Talang Road Phuket Town

Tel:089-0900657

9:00-19:30(月~金) 9:00-20:30(土日)

 

【マキアートハウス】プーケットタウンのカフェ│Macchiato House

リーズナブルなコーヒーとデカハニートーストが人気のカフェ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プーケットタウンのオールドプーケットエリアの中心、タランロードにあるカフェ。今年で5年目を迎えるそうだ。各種コーヒーの値段が60バーツぐらいと安めなため、学生の姿も多いし、在住外国人でもお気にいりにしている人も多い。

人気は超デカイ、アイスクリームがたっぷりトッピングされたハニートースト。しかも80バーツと安い。値段もリーズナブルで、居心地の良さも◎。オーナーはプーケット生まれの中華系タイ人の仲良し3人組。最初はセカンドビジネスとして始めたが、今はサムコンにホテルもオープンして、本業となっているそうだ。 続きを読む 【マキアートハウス】プーケットタウンのカフェ│Macchiato House

プーケットの中国正月【オールドプーケットタウン祭り2015】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中国正月のイベントとして、すっかち定着したオールドプーケットタウン祭り。2月26~28日まで、タラン、バンガー、ソイロマニー、クラビ、そしてTATそばのクイーンシリキット公園(Queen Sirikit 72 Years Chalearmprakiet Park.)で開催され、ローカルフードの食べあるき、パフォーマンスや各種イベントが催されています。

 

【道教最上位の神・玉皇大帝の誕生日を神々とともに祝う】

中国正月の9日目は中華系の人々が信仰する道教で最高位といわれる玉皇大帝の誕生日(2月27日)でもあります。そのお祝いは前夜(26日)から始まり、公園でも盛大に儀式が執り行われました。タイでは【ピティ ワイ テバダー】といわれています。最高位の神の誕生を天のすべての神々がお祝いするようです。公園にはプーケット県知事やペラナカン協会会長など地元著名人が各自祭壇を設け、23時過ぎからお経が読まれ、静粛に儀式が執り行われました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クイーンシリキット公園は祭りの中心地であるため、様々な中国正月のためのデコレーションがされています。野菜と植物で作られたドラゴン、日本に比べたらちょろすぎますがイルミネーションのドームなどお祭り気分を盛り上げるためにがんばっています!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続きを読む プーケットの中国正月【オールドプーケットタウン祭り2015】

プーケット【ババ・ニョニャ料理】@WILAI

オールドタウン・タランロードの老舗でいただくババ・ニョニャ料理

プーケットタウン・タラン通りにあるWILAIでは、タイ華僑のババ・ニョニャ料理がエアコンの効いた涼しい店内でいただける。

無機質なタイルの壁や床、昔のプーケッの姿を映したモノクロ写真やチャイニーズテイストのインテリアが飾られ、なんとなくマレーシアを彷彿させる店内。冷蔵庫にはマレーシアではおなじみのA&Wのルートビアもあった。

今回は、ババニョニャ料理の中から【ナムチュッブマムアンバオ】と【ビーフンミーシーフード】を注文。ナムチュッブは、青マンゴ、干しエビ、チリの辛さの効いた汁気のないタイプのナムプリック、付け合せはゆで玉子や茹で野菜。ナムプリックの酸味、旨み、辛味が織り成す深みのある味はご飯がどんどん進むおいしさで感激! 暑さにバテ気味でも美味しくいただける一品だ。

プーケット ババニョニャ料理
ナムチュッブマムアンバオ

【ビーフンミーシーフード】はその名の通りビーフン麺と福建麺を一緒に炒めた焼きそば。エビ・イカ・魚もしっかり入っていて麺の量も十分で日本人にはちょうど良い量。麺のべたつきもなく、お酢をかけていただくとさらに美味しい。

ビーフンミーシーフード
ビーフンミーシーフード

続きを読む プーケット【ババ・ニョニャ料理】@WILAI

プーケットウォーキングストリート│タウンで楽しむグルメ&ショッピング

Phuket Walking Street-毎週日曜日にタランロードで開催。

午後4時から10時までタランロードで開かれている『プーケットウォーキングストリート』。タランロードは600メートルにも満たない短い道だが、錫で栄えた時代のエキゾチックな面影を残す街並みが続いている。6時過ぎに到着したら、まだ人も少なく、シノポルトギース様式のタウンハウスがライトアップされてロマンチックな雰囲気だった。

プーケットウォーキングストリート
派手なイルミネ-ションはなんとパッタイ屋さん。

店数も多くはないが、珍しかったり興味深いものが多かった。日本では天然記念物のカブトガニの卵のサラダ、スーパーフルーツと称賛されるGAC FRUITのジュースは初めて見た。タイハーブ・ボボックの青汁、カオラリーという米の苗をすりつぶしたエキス、ひまわりのスプラウドなどヘルシー系も人気。お菓子は月餅、ぼこぼこしているクレープ香港、ココナッツのチュロスなどもあった。 続きを読む プーケットウォーキングストリート│タウンで楽しむグルメ&ショッピング