タグ別アーカイブ: オールドプーケット

プーケット名物オエ・オのおすすめカフェ版

 

キンジェー中に友人と会っておすすめされたオ・エオのハニー&レモン。通常はナムデーンというイチゴ風な赤いシロップがかけられたかき氷ですが、これは生のレモンとライチが入っていました。さっぱりとした甘みが涼しさを呼びます。

場所はオールドタウンにあるクラビ通りのタイフア博物館のとなりのカフェイン。アイス・カプチーノもおいしかったです。オエ・オは1個55バーツ。

玉皇大帝、炎とともに@Jui Tui-ラストデイ

10月21日、23時9分。最終日といわれる夜には、空高く立てた竿の先に降りていた玉皇大帝が天に帰る儀式。竿の下の祭壇でお経が30分以上唱えられます。その間、信者は座って手を合わせてお祈りします。信者と50人は軽く超えるマーソンでぎっしりのチュイトゥイ。お経が終わると寺の中に置かれていた玉皇大帝の紙の祭壇が燃やされます。その炎とともに天に昇っていくのだそう。大きな炎があがり、爆竹が鳴らされます。こんな人でいっぱいになった境内で炎があがることは、日本では考えられないですよね。

しかし、その炎には神様が昇って行くにふさわしい力強さが感じられました。

このお経を上げている最中に私たちの後ろにいたタイ人の女の子に、なにか入ってしまったようでした。息が荒く、完全にマーソンと同じようになってしまいましたが、なにしろ式の途中。回りの人に支えられて、式が終わる頃には少し落ち着いた感じでしたが、その後どうしたのかはわかりません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

神前にお供えする儀式【Kho Kun】@Bang Liao

この儀式は午後3時ぐらいに行われます。天上にいる戦士の霊とその馬に敬意を払ってお供えされます。キンジェーでは様々なランクの霊が降りていますが、それは神の下であり、ゴーストより上と位置付けられているようです。お供えされるのはベジタリアンフード、お茶、米酒、草は戦士の馬のためにお供えされます。キンジェー中、各寺で度々行われる儀式です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

お供えものの上で御札が燃やされました。

寺の外にある祭壇前でまた儀式。

寺の横からトントンなにか音がすると思ったら、そこは巨大キッチン。振る舞いご飯を作っていました。その横ではすでに振る舞いのご飯が配られていました。みんなお弁当箱などを持参しています。

私もどこから来たのかと尋ねられ、フリーだから食べていけと勧められました。

出発!マーソン・ストリートプロセッション@Sapam Shrine

10月15日、サパムではマーソンのストリートプロセッション【Yiao Keng】がありました。サパムはロータス本店から空港方面に向かい、突き当たったT字路をタウン方向に少し行ったところにある中国寺です。小さな寺ですが、装飾もきれいな寺で、小さいので、儀式の一部始終が一般の人にもよく見られのもいいところ。朝6時30分ごろに到着しました。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手前は九皇大帝をのせる神輿。とてもきれいです。

 

到着早々にすでに神様が下りてトランス状態にはいっているマーソンは、この金串を刺していました。

若い彼はナタという少年神の出で立ち。ナタが降りる前に撮影。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAナタが降りた後。

すごく若いマーソンも目につきました。このヘアスタイルと持っているもので彼がナタであるとわかります。ナタは道教では人気の神様だそうです。下の写真がナタです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

 

この人は観音様が降りています。

 

彼は西遊記のサルじゃないかと思いましたが、はっきりはわかりません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

神様を降ろした後、様々なものを刺してそして行進に出発です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

腰にたくさんの旗を刺したマーソンが仕切り役。何か発するものがあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

九皇大帝を神輿にのせるとされるときは、皆必ず座らなければなりません。カメラもみんな!そして九皇大帝を神輿にのせて出発!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

彼女はトムぽい感じでしたがかわいらしい。ナタのマーソンのお付きのようでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

彼はものすごく太ったオカマのマーソンのお付き。マーソンもその介添えをするひとたちも様々です。

この儀式はキンジェーの中でもっとも有名なもので、催す日程は寺により違います。このあと、サパンヒンに向けて行進がされますが、タウンの中に入ると道々にお迎え用のテーブルがセッティングされ、信者はマーソンを通して神様からの恩恵を受けるとされています。

九皇大帝の神輿が通るときは爆竹で歓迎するのが習わしなため、夥しい爆竹が信者により投げられます。

プーケットで初めて!【元宵節】のランタン祭り@天后宮

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2015年3月5日は旧暦の1月15日。元宵節(ゲンショウセツ)と呼ばれます。(旧正月)から数えて15日目で、最初の満月の日。灯籠(を飾り、「元宵団子」とよばれる餡(あん)入りだんごを食べる習慣があるそうです。

元宵節に行われる台湾のランタンフェスティバルは有名ですが、始まりは1990年。今年は3月5~15日に開催されました。そんなに歴史は古くないですね。というのは一時は忘れられた風習になりつつあったのを再興したかららしいです。それ以前は各中国寺でランタンが飾られていたようで、それぞれを見物に行っっていたようです。

プーケットではクラビー通りにある天后宮(MAE YA NANG SHRINE)で初めてのランタン祭りが行われました。なんでもお寺のプラタン(会長)が今年新しく選ばれて、その人のアイディアとのこと。

私は見ることができませんでしたが、夜は境内に設えた舞台で2度のショーが行われ、数軒の出店もでたようです。

main2

lantern

夜9時過ぎに行ったので、そういったイベントは終了していましたが、境内に赤い提灯が吊るされ、赤い風鈴の大きさの提灯もたくさん奉納されていました。

中華圏では元宵節が終わると『新しい年が始まった!春が来た!』となるようです。私も信者ではありませんが、お参りをして『現世でのご利益とみんなの幸せ』をお願いしました。自分的には中国寺は日本で神社に行く感覚にとても近いと思っています。

P1019694

P1019699

まだまだ小さなこじんまりとしたお祭りではありましたが、近年、プーケットの中華系(ババ)の文化的な盛り上がりの流れの中で、今後もっと華やかなお祭りになるやもしれません。

P1019687

それに季節感がないプーケットでは中国正月の間、オールドプーケット祭りが行われたり、その時期に道教の最高位の神様とされる玉皇大帝の誕生日のお祝いもあり、私もサンジャオさんと忙しく、いろいろ見て回りました。中国寺がタイ寺よりも圧倒的に多いプーケットならではでもありますし、これも生活の彩りだなあと思っています。

サラが中国風で素敵です。
サラが中国風で素敵です。

プーケットタウン【キアン&ヘーチー】なつかしの味@クラビー通り

昔懐かしいババ料理、ロバとキアンの人気店。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クラビー通りにある中国寺、天后宮【MAE YA NANG SHRINE 】の斜め前にあるお店。タイ人の姉妹がやっている。店はかなり古めかしいが創業20年ちょっと。

ここにはババ料理(プーケットに移住した華僑の料理)で有名な【ロバ】(豚の内臓)や豚のミンチを湯葉で巻いて揚げた【キアン】の店。

残念ながら豚の内臓系は得意でないため、まだ試していないが、カオランにあるロバの店と2大人気店としての地位を守っているらしい。

キアンは、ビールにも合いそうな一品。
一番のおすすめはモヤシやマンケウ(イモ)を詰めた厚揚げ。タイの豆腐はまずいと思っていたが、ここは豆腐自体もおいしい。ニガリの臭みもなく、是非お試しいただきたい。

キアン
キアン

さらに小エビとモヤシとマンケウに粉を混ぜて一口サイズに揚げた【ヘーチー】は素朴なお好み焼き風。甘辛ソースでいただきますが、こ
このはそのままでもイケル。安くて美味しくて、やっぱりタウンには美味いものあるんだなあと実感しました。

厚揚げとヘーチー
厚揚げとヘーチー

店の軒先で鍋に入って売られているビーフン炒め【ミーフンクラドゥックムー】は豚のリブが入ったスープ付き。漢方の香りがプンプンしますが、ヘルシーで、これも美味かった!(2014年取材)

ミーフンクラドゥックムー
ミーフンクラドゥックムー

 

(営)朝~売り切れまで
クラビ通り中国寺・MAE YA NANG SHRINE
斜め向かい。キアンは1つ10B。厚揚げ、ヘーチー
は1つ8B。

プーケットの中国正月【オールドプーケットタウン祭り2015】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中国正月のイベントとして、すっかち定着したオールドプーケットタウン祭り。2月26~28日まで、タラン、バンガー、ソイロマニー、クラビ、そしてTATそばのクイーンシリキット公園(Queen Sirikit 72 Years Chalearmprakiet Park.)で開催され、ローカルフードの食べあるき、パフォーマンスや各種イベントが催されています。

 

【道教最上位の神・玉皇大帝の誕生日を神々とともに祝う】

中国正月の9日目は中華系の人々が信仰する道教で最高位といわれる玉皇大帝の誕生日(2月27日)でもあります。そのお祝いは前夜(26日)から始まり、公園でも盛大に儀式が執り行われました。タイでは【ピティ ワイ テバダー】といわれています。最高位の神の誕生を天のすべての神々がお祝いするようです。公園にはプーケット県知事やペラナカン協会会長など地元著名人が各自祭壇を設け、23時過ぎからお経が読まれ、静粛に儀式が執り行われました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クイーンシリキット公園は祭りの中心地であるため、様々な中国正月のためのデコレーションがされています。野菜と植物で作られたドラゴン、日本に比べたらちょろすぎますがイルミネーションのドームなどお祭り気分を盛り上げるためにがんばっています!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続きを読む プーケットの中国正月【オールドプーケットタウン祭り2015】

プーケット【ババ・ニョニャ料理】@WILAI

オールドタウン・タランロードの老舗でいただくババ・ニョニャ料理

プーケットタウン・タラン通りにあるWILAIでは、タイ華僑のババ・ニョニャ料理がエアコンの効いた涼しい店内でいただける。

無機質なタイルの壁や床、昔のプーケッの姿を映したモノクロ写真やチャイニーズテイストのインテリアが飾られ、なんとなくマレーシアを彷彿させる店内。冷蔵庫にはマレーシアではおなじみのA&Wのルートビアもあった。

今回は、ババニョニャ料理の中から【ナムチュッブマムアンバオ】と【ビーフンミーシーフード】を注文。ナムチュッブは、青マンゴ、干しエビ、チリの辛さの効いた汁気のないタイプのナムプリック、付け合せはゆで玉子や茹で野菜。ナムプリックの酸味、旨み、辛味が織り成す深みのある味はご飯がどんどん進むおいしさで感激! 暑さにバテ気味でも美味しくいただける一品だ。

プーケット ババニョニャ料理
ナムチュッブマムアンバオ

【ビーフンミーシーフード】はその名の通りビーフン麺と福建麺を一緒に炒めた焼きそば。エビ・イカ・魚もしっかり入っていて麺の量も十分で日本人にはちょうど良い量。麺のべたつきもなく、お酢をかけていただくとさらに美味しい。

ビーフンミーシーフード
ビーフンミーシーフード

続きを読む プーケット【ババ・ニョニャ料理】@WILAI

プーケットウォーキングストリート│タウンで楽しむグルメ&ショッピング

Phuket Walking Street-毎週日曜日にタランロードで開催。

午後4時から10時までタランロードで開かれている『プーケットウォーキングストリート』。タランロードは600メートルにも満たない短い道だが、錫で栄えた時代のエキゾチックな面影を残す街並みが続いている。6時過ぎに到着したら、まだ人も少なく、シノポルトギース様式のタウンハウスがライトアップされてロマンチックな雰囲気だった。

プーケットウォーキングストリート
派手なイルミネ-ションはなんとパッタイ屋さん。

店数も多くはないが、珍しかったり興味深いものが多かった。日本では天然記念物のカブトガニの卵のサラダ、スーパーフルーツと称賛されるGAC FRUITのジュースは初めて見た。タイハーブ・ボボックの青汁、カオラリーという米の苗をすりつぶしたエキス、ひまわりのスプラウドなどヘルシー系も人気。お菓子は月餅、ぼこぼこしているクレープ香港、ココナッツのチュロスなどもあった。 続きを読む プーケットウォーキングストリート│タウンで楽しむグルメ&ショッピング