プーケット│レムカビーチはシークレットな雰囲気!-Leam Ka Beach

ラワイビーチの東、小さく突き出た岬にある静かなビーチ。

P1014295いつの頃からか、在住は小さで静かなビーチを好むようになる場合が多い。日がサンサンと降り注ぐビーチチェアには坐らなくなる。かつて観光客でバリバリ海で遊んでいたときは、どうしてタイ人はビーチ後ろの木の下ばかりにいるのだろうと思ったものだ。

そして今、もちろん木の下を好むようになる。水着を着ることもなくなった。それでもタイ人のように、Tシャツとジーンズのまま、海に入る勇気はいまだない。

レムカビーチはスピードボートツアー発着所。コーラル島、ロン島がかなり近くに見える。ツアー客の行き帰りのときだけ、ちょっとざわつく。なにしろ、大晦日に行ってそうだったのだから。

プーケット南部 レムカビーチ 

ビーチには無数のサンゴのかけら。すごくきれいだった。コーラル島から運ばれてきたのか。

ビーチの端には岩場もあってスノーケルもできそうだ。

ビーチの入口はラワイビーチのすぐそば。貝の博 物館を少しラワイ方面に行くと左側にKa Villa@というコンドの看板があるのでそこを入ってヤシの林を抜けたところ。

 

 

 

 

プーケット【ワットシャロンの縁日】-Wat Chalong Fun Fair

中国正月に開催される恒例の縁日

プーケット ワットシャロンワットシャロンではちょうど中国正月の期間、今年は1月30日から2月5日まで恒例の縁日が開かれていました。
プーケット南部にあるワットシャロンはプーケットで最も有名なお寺で、その美しさも一番。ワットとはタイ語で寺、シャロンとはフェスティバルという意味があります。

この期間、寺は相当な賑い。近くの空き地も駐車場と化しました。車は夜中2時まで利用可能で60バーツ。バイクは20バーツ(だったと思う)。プーケットもこれだけ車が多くなると、駐車場もいいビジネスです。

wat12さて、ワットシャロンの縁日というと植木が豊富というのも昔から有名です。きらびやかな門をくぐると右側にずらりと植木屋が並んでいました。

つい最近、植物園に行ったばかりで、珍しかったり、グロテスクな南国の植物をたくさん見てきたつもりでプーケット ワットシャロンすが、なんと、植物園では見られなかった、探せなかった食中植物も売っているではありませんか!

日本名はウツボカズラ。写真右。食中植物です。東南アジアからマダガスカル島にかけての熱帯雨林に自生する蔓植物で、葉先のつるに捕中葉をつける。 続きを読む プーケット【ワットシャロンの縁日】-Wat Chalong Fun Fair