カテゴリー別アーカイブ: ホリディ【パンガー&カオソック】

樹齢数百年のバニヤンツリー・トンサーイローイピー@パンガー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
サンジャオさんの頭上には無数のツルが垂れ下がる。

今回はパンガーの寺、ワットグアチャニーンタムにある『トンサーイローイピー』樹齢百年以上のバニヤンツリーの森に行ってみた。場所的にはプーケットからパンガーに向かい、途中パンガータウン方向へ右折していく。(詳細は下記地図を参照)

【ここはフォトスポットとして有名だそう】

ここは、カメラマンたちがよく訪れるフォトスポットとしても有名なんだそう。トンサーイはバニヤンツリー。日本名でいったらインドボタイジュ。20メートルぐらいまでに伸びる大木だ。

寺は大きな真新しい僧侶の像があるが、全体的にひなびていた。パンガーの寺はさすが本土にあるだけあって、立派な寺が多い中、ここはいたってシンプルだった。寺入口付近にも大きなバニヤン・ツリーがあったが、これはまあ普通。

ちょっと奥まったところに看板があった。タイ人のカップルが先に入っていった。コンクリでできた細い遊歩道がある。がしかし、が~ん。入口近くの木は伐採されていて、なんかうすらさびしい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

森への入口
森への入口

【これもアバターの世界を彷彿させる!?】

それでも中を歩いていみると、バニヤンツリーから伸びるツルだらけ。そこに、プーケットの植物園でみたオオタニワタリの巨大版が寄生している。不思議な様相をした森。まるで映画の中に飛び込んだような光景だ。もし高いツルにでも腰掛けることができたら、アバターの世界にでもいるかのようだ。

何株ものオオタニワタリが寄生している
何株ものオオタニワタリが寄生している

ここで、私はサンジャオさんの説明でやっと気が付いた。この無数のツルたちはご本体から伸びているもので、そのご本体こそが【トーンサイローイピー】。結局そのご本体の幹がどこにあるのかわからなかった。 そんなことって普通ないでしょ。 なんて不思議!! ここの森は癒やされるというよりも、 熱帯の自然の脅威を感じた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

森にはいくつかの簡易バンガローがある。お坊さんが修業するのだそうだ。   雨季になると、全体的に湿地のようになりそうだ。ジメジメしてくるだろうが、緑は輝いて、また違う趣になりそうだ。

 

  

カオソックでブティックテントに滞在!ロマニー温泉で朝風呂!

初めてのカオソック滞在。1泊2日と短い旅だが、カオソックの素朴でリーズナブルな旅を満喫できたと思う。

【虫は入らない!カオソック・ブティック・キャンプ】

宿泊したのはKhaosok Boutique Camps。バンガローのようだが、部屋はテント内にある。入口がぴっしる閉まるのであれこれ虫がはいってくる心配がない。これ、大切!じゃないですか?自然には親しみたいけど、どっぷり自然のなかはイヤという、私たちのような人にはぴったり。そのうえ、テントなのに、エアコンもあるし、ホットシャワーも付いている!デッキもあるので、そこで夕景をみながらビールも飲める。いいところです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チェックインがちょうど4時ごろだっため、テント内は西日があたってあつ~。目の前はジャングル、はるかに奇岩の山々が連なっている。エアコン全開!すぐ涼しくなりました。一緒に行ったサンジャオは即刻シャワーしておりました。私はなんか面倒くさくなって、寝る前までシャワー浴びなかった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ベッドの奥にはトイレとシャワー、洗面台があり。ファスナーでぴっちり閉まる。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
お隣のテントはカップルだった。なぜか美男美女の人たちが多かった
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
テントの前に広がるジャングルと山々。

 

続きを読む カオソックでブティックテントに滞在!ロマニー温泉で朝風呂!