カテゴリー別アーカイブ: 未分類

神様と四つ足。マーソンの行列@Kathu-8.Oct.

10月8日はカトゥのマーソンの行列。6時に寺に行くと、すでに神様が下りたマーソンや、今、刺し物をしているマーソンなどで賑わっていた。

今回、温かいものを感じたのは腰が90度ちかく曲がったおじいさんの神様が降りたマーソンと、その横に寄り添う四つ足(犬?)が降りたマーソン。おじいさんは時々、ポンポンと四つ足の背中を撫でる。神様の世界にはやはり、こういう組み合わせがあるんだなあ、と。彼らは寺を出ると、ピックアップに乗って行進に出かけていった。

Phuket Vesitarian festival

サパンヒンからの帰り道。おじいさんが四つ足の肩に手をおいていた。
サパンヒンからの帰り道。おじいさんが四つ足の肩に手をおいていた。

行列の途中もこの二人を見かけたが、四つ足はまるで、犬が外眺めるようなを格好で通り過ぎていった。

カトゥは目的地のサパンヒンでも、かつて寺があった、現在の池のそばで儀式を行う。

サパンヒンの池の前で。
サパンヒンの池の前で。

 

ふたりは仲良し?【Lan Tao&Pak Taoお迎えの儀式】@Kathu

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

15日の夕方からカトゥでは生を司るLan Tao、死を司るPak Taoをお迎えする儀式があり、寺は賑わっていた。このお迎えは寺から少し離れたカトゥの役場広場で行われる。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

行列の道すがらの家々には立派な祭壇をもつ家が多く、お迎えのときは各家も扉を開いてお迎えし、行列に向かって爆竹を投げる。カトゥのこのエリアは古い祭が多いため、昔ながらのキンジェーひ思いを馳せることができる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下の写真はマーソンの行列の一番最後にいたふたり。男のマーソンがさあ、投げろと参道の家の人に言ったあと、闇の中で、すさまじい数の爆竹が彼らの足元で炸裂した。なんともおそろし~。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみに下の写真の二人が爆竹の人。男性は素のときはなんか、オカマチックな人。なので衣装もピンクなのかもしれない。女性は一般参加という枠組み。そういう枠があるらしい。このオカマチックなマーソンにおりる神さまは世話好きなんだろうか。女性は寡黙だが、マーソンは明るく、おしゃべりもよくしていた。OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

お迎えに行っている間、ご飯を食べに。1時間弱で、次々とマーソンや神輿が戻ってきた。最後の九皇大帝のぼんぼりや神輿が戻ってくるときは、爆竹も半端なくなる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

戻ってくると、信者はマーソンのもとに集まり、ご利益を受けるよう。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カトゥの主神は芸能の神様のため、境内ではこんなショーも披露されていた。OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

プーケットタウン【濃厚スープのトムヤムバミー】@KIm Tong

待たされちゃうけど、食べたい!濃厚トムヤムのバミー
P1014099

バミー好き中華系の友人に、4-5年前に連れて行かれたバミートムヤムムーの店。

ただすっかり自分の記憶の中からその店は消えていたある日、当時一緒に行った別の友人に”あの”バミートムヤムの店で昼ごはんを食べよう、お腹空いたし近いし。運転している私は頭の中に???が・・・。

この近くのバミートムヤムの店なんていったことない、私は知らないといってみると、「裏道にあってすごく長く待たされる店だよ。」という友人の一言で記憶が蘇った。確かにすごく長く待たされて食べたバミーの店行ったことある、美味しかった記憶が。
っと言うことで久々に行ってみると、相変わらず人気店のようで、店のそばまで行くと沢山の車が路駐している。
以前よりも店が広くなっているのがすぐに分かった。

この店はバミー屋さんにしてはやけに待たされる。その原因は 続きを読む プーケットタウン【濃厚スープのトムヤムバミー】@KIm Tong

Lam Tao Pak Tao-北斗君星と南斗君星のお迎え@Kathu Shrine

IMG_529410月26日、夜は北斗君星と南斗君星のお迎え。お天気にも恵まれ、気候も涼しくて気持ちよかった。こちらも多くの信者たちがきてて、前回よりも多かったと思う。

新調したかの様な衣装をまとい立派な髪飾りを付けている観音様のマーソンが多くいた。衣装にも流行り廃れがあるのかな? 観音様の一人が一般人とは思えないほど美人の女性がいて、入る前には写真を撮ってもらっている人がいたくらい。今回はお神輿の数が前回よりも少なかったように感じた。

お寺を出発してアンプーカトゥ(役場)まで早足のマーソンたち、道路脇の民家は扉を開け立派な祭壇を披露し、家主たちはマーソンやお神輿に爆竹を投げる。 続きを読む Lam Tao Pak Tao-北斗君星と南斗君星のお迎え@Kathu Shrine

Heavenly Worriers Invitation & Demarcation-天空の兵士の霊を招待する

10月26日、昼間行われた【Heavenly Worriers Invitation & Demarcation】は、1回めのときに見ているけど、見逃していた部分、マーソン達が境内を練り歩き、数カ所にお米を巻きながら鞭を打つ所を追ってみた。

これだけ何度も行くと見慣れた顔のマーソンが多く、私たちが勝手に命名している高田(元巨人の野球選手)や寺沢さん(元プーケット住人)の活躍が見れました。寺沢さんは、兵士の霊に供物を捧げるときなどの儀式で活躍する、七三分けの激しい踊りの名手?!のマーソンです。

長老が出来上がったおかずの入った大鍋に米を巻き、その周りを剣をかざしながら歩く寺沢さん。その後は、本堂外の柱に東西南北の旗を立て、何度見てもいいなぁと思う踊りが始まりました。今回の寺沢さんの踊りはかなり激しく、振り切ってました!気合い入ってるのかね、2度目ってっことで。 続きを読む Heavenly Worriers Invitation & Demarcation-天空の兵士の霊を招待する

100年に1度。2回めのベジタリアン・フェスティバル@Kathu Shrine

10月23日、カトゥ寺で2回めのベジタリアン・フェスティバルが始まりました。玉皇大帝と九皇大帝をお迎えするための竿立ては結構な人出。寺に着いた途端、寺で振舞われていたアイスをいただきました。
竿立て(Ko Tang Pole)

まずは長老のマーソンともう一人のマーソン、赤と黄色の獅子舞が竿の足元にある祭壇前でセレモニー。
その後、メインの竿を立ててから、竿を支えるために竿から四方に伸びたロープをお寺の柱や、舞台横の壁、隣の家の壁の上などに括り付ける作業、ランタンを吊す竿を上げる作業も一筋縄ではいかないようで結構時間がかかりました。
竿たては5時前くらいから始まって、6時半過ぎに終了しました。
そして夜は、23時からお寺から境内事務所まで全てを清めるPurification ritualの儀式。

続きを読む 100年に1度。2回めのベジタリアン・フェスティバル@Kathu Shrine

暑い一日の終わり。生と死を司る神様のお迎え@Kathu

9月26日。今日はカトゥ寺で生を司る’Lam Tao’ 死を司る’  Pak Tao’の儀式をメインに見に行ってみた。ちなみにベジタリアン・フェスティバルを執り行うメインの4社は、チュイトゥイ、バンニアオ、タールアそしてカトゥ寺で、カトゥが一番古い。

カトゥ寺の中。正面は王皇大帝を祀る祭壇
カトゥ寺の中。正面は王皇大帝を祀る祭壇

今年TATが配布しているベジタリアン・フェスティバルガイドブックに掲載されている中国寺はなんと20社。各寺で儀式を見ることができるが、どこに行くか迷うときは、この4社を頭に入れておくといいと思う。

そしてカトゥは錫の採掘で栄えた時代に、いちばん最初にできた町ともいわれているが、現在ではタウンからははずれにあるため、チュイトゥイ寺やバン二アオ寺に比べて人出も圧倒的に少なく、寺の外観も地味。だが、歴史もある寺であり、いろいろな儀式も見やすいという利点もあるのだ。

26日は午後から以下のような儀式が催された。 続きを読む 暑い一日の終わり。生と死を司る神様のお迎え@Kathu

神様をお迎えするポールに金箔貼り@ベジタリアンフェスティバル

神様をお迎えするために立てるポール(竹)に緊迫をつける
神様をお迎えするために立てるポール(竹)に緊迫をつける

9月23日、キンジェー(ベジタリアン・フェスティバル)が今日の夜中から始まります。

チュイトゥイ寺ではメインの神様である九皇大帝をおお迎えする儀式が午後5時9分から行われます。

儀式はコテンランタンポールといわれ、とても長い2本の竿が建てられ、その上の方に、神様が宿るように9つのランタンが吊るされのだそう。

この竿は上げられるまでの数日間の間に信者によって、金箔がはられます。途中には色とりどりの毛糸がまかれ、そこにも金箔がはられていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私たちはチュイトゥイは混雑するので、午前中に金箔を貼りに行きました。金箔はなんと10枚もあり、大判振舞い!手や顔に金箔がついて、貼っていた人々みんな、ラッキーな感じです!