カオソックでブティックテントに滞在!ロマニー温泉で朝風呂!

初めてのカオソック滞在。1泊2日と短い旅だが、カオソックの素朴でリーズナブルな旅を満喫できたと思う。

【虫は入らない!カオソック・ブティック・キャンプ】

宿泊したのはKhaosok Boutique Camps。バンガローのようだが、部屋はテント内にある。入口がぴっしる閉まるのであれこれ虫がはいってくる心配がない。これ、大切!じゃないですか?自然には親しみたいけど、どっぷり自然のなかはイヤという、私たちのような人にはぴったり。そのうえ、テントなのに、エアコンもあるし、ホットシャワーも付いている!デッキもあるので、そこで夕景をみながらビールも飲める。いいところです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チェックインがちょうど4時ごろだっため、テント内は西日があたってあつ~。目の前はジャングル、はるかに奇岩の山々が連なっている。エアコン全開!すぐ涼しくなりました。一緒に行ったサンジャオは即刻シャワーしておりました。私はなんか面倒くさくなって、寝る前までシャワー浴びなかった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ベッドの奥にはトイレとシャワー、洗面台があり。ファスナーでぴっちり閉まる。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
お隣のテントはカップルだった。なぜか美男美女の人たちが多かった
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
テントの前に広がるジャングルと山々。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
問題のシャワー。

日が沈んだら、なんか急に涼しくなり、ご飯はホテルのレストランでイサーン料理を。そしてテントに戻って、デッキでビール。この日は月がもうちょっとで満月というようだったので、空は明るく、星はよく見えなかった。犬の吠え声が反響してよく聞こえる。時々、【未知との遭遇】のような白い光が闇に広がる。なにしろ、何も見るものがないので、何回もみることになった。これは、通りを走る車のハイビームと解明された。

とりとめもなく、闇をみつめ、おしゃべりしながら、11時ぐらいか、さて、シャワーを浴びるかと、奥のシャワールームにいってお湯をひねる。ちっとも熱くならない。15分ぐらい、リセットしたりいろいろしながら、最後は水で顔をプルプルっと洗い、身体もいいかげんに水浴びして終了。ベッドにはいったときには身体はつめた~くなっていた。この時の気温23度。

 

【気温20度!朝もやのなかをロマニー温泉に走る】

翌朝は7時過ぎに起床。テントの外は朝もやにすっぽり包まれ、なんも見えない。気温20度!普段30度で生活している私たちにとってはさむ~という気温。いい感じの朝もや風景を撮影したかったが、なかなか引かない。ホテルの人の話だと、10時ぐらいまで続くときもあるらしい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
テント前。見事な朝もやでなんもみえない。

シャワーも浴びられない。水じゃ寒すぎる。そこでサンジャオさんが『温泉に行こう』と提案してくれた。ここから約20キロ。なにしろ道も空き空きだからぶっ飛ばしていけばすぐということで、水着を着て朝もやのナカを出発!朝の風景というのは清々しいものです。朝もやに浮かぶヤシの木、散歩する象,,,,。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
温泉に行く途中、3頭の散歩する象に出会った。

温泉に着きました!ここは朝8時から夜7時30分までやっています。入場料は20バーツ。更衣室で着替えて温泉へ。すでに二人のファラン女性とタイ人が数人。リハビリしているおばあさんもいました。深いプールと子供用、源泉にちかいプールは湯煙がたって熱そう。源泉の注ぎだす所は硫黄の匂いがぷんぷんします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
奥に見えるのはバンガロー。宿泊もできるよう?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
くつろぐサンじゃオさん。熱帯暮らしが長い私たちには20度は厳しかった!

子供用の浅いプールの温泉につかりました。いい気持ちです。身体がほぐれた~。朝なので、放し飼いのニワトリがコケコッコーと甲高く鳴いています。元気が盛り返す感じです。

ほぼ30分お湯につかり、慌ただしくホテルに戻りました。朝食が午前10時までですが、10分前に食卓に到着。ここで朝食いっただきま~す。食後にスタッフにシャワーの調子が悪いから修理するようにと言っておきました。

シャワーの調子が悪かったから温泉に行くことにしましたが、このスケジュールおすすめです。熱帯では温泉は日中は暑すぎて入る気になれません。涼しい朝か、夜がおすすめでしょう。でも夜は戻る道も暗いからやっぱり朝がいいかも!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA