Lam Tao Pak Tao-北斗君星と南斗君星のお迎え@Kathu Shrine

IMG_529410月26日、夜は北斗君星と南斗君星のお迎え。お天気にも恵まれ、気候も涼しくて気持ちよかった。こちらも多くの信者たちがきてて、前回よりも多かったと思う。

新調したかの様な衣装をまとい立派な髪飾りを付けている観音様のマーソンが多くいた。衣装にも流行り廃れがあるのかな? 観音様の一人が一般人とは思えないほど美人の女性がいて、入る前には写真を撮ってもらっている人がいたくらい。今回はお神輿の数が前回よりも少なかったように感じた。

お寺を出発してアンプーカトゥ(役場)まで早足のマーソンたち、道路脇の民家は扉を開け立派な祭壇を披露し、家主たちはマーソンやお神輿に爆竹を投げる。

前回で学んだので、アンプーのセレモニー終了少し前、私たちは先まわりしてお寺に戻ることに。なんてったって、竹にぶら下げた巨大爆竹や投げられる爆竹にはどうも慣れることが出来ない。

私達がお寺に戻ると間もなくマーソン達が戻ってきた。やっぱり歩くの早い!この時のマーソン達。北斗君星と南斗君星のお神輿がお寺に入ると巨大爆竹が鳴り渡り、後に続くお神輿たちも戻ってきてお神輿をうねらしてた。真っ白に煙に包まれて本堂に入っていくお神輿の姿や、九皇大帝のぼんぼりに続く信者たちの光景は神秘的だった。カトゥー凄いわ、ホント。

セレモニーの後、何人かのマーソンは信者と触れ合いの時間?がある。果物をくれるマーソンがいたり、治療をするマーソンもいたり。前回も話しているところを見た、ピンクの衣装を着た男性のマーソン(ちょっとオネエっぽい感じの)は話好きなのか、今回も信者たちと楽しそうに話しをしていたんだけど、話していた女性の信者に突然スピリットが入っちゃったんだよ。驚きでした。

一緒にいった友人は観音様のマーソンからビーズのついたブレスレットを付けてもらい、それを見てた5~6歳の女の子が腕を出したんだけど、マーソンあげないんだよ(笑) その代わりに私もらちゃった^ ^

昼間に活躍していたメインのマーソン達は、夜の部では裏方に徹していた。役割分担されてるんだろうけど、中堅?のマーソンは昼夜何方も出動とお疲れ様なことです。

最後にカトゥ寺周辺の屋台や通りの様子!

report by Jサンチャオ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA