白煙の中で。マーソンの行進@Jui Tui Shrine

9月30日。祭りの残す所あと3日。今朝は祭り最大の規模を誇るチュイトゥイ寺のマーソンの行進を見に行った。見学場所はブルーエレファントやタイフア博物館があるオールドタウンエリアのクラビ通り。

また今回も予定開始時刻8時9分より早々に始まっていた。爆竹の音が寺方面から聞こえてくる。寺方面の空は爆竹でまっ白になっていた、

チュイトゥイはマーソンの人数も格別多いが、寺が狭い。そのためか、マーソンの神様降ろしは周辺の寺や、祭壇を持つ個人の家などでも行われ、それぞれ神様を降ろした場所から行進ルートに入ってきた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
傘の柄は口の中を突き抜けている

女性のマーソンも多く、大体は車に乗って行進。車の花飾りがその飾りを競っているかのようにどれも豪華でびっくりした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

美人で目立ったマーソン。降りているのは観音様

クラビ通りはタラン通りに繋がる道だが、道幅が狭い。神輿が通ると信者から投げられる爆竹で真っ白。息もつけない状況でマスクなしではいられない。通りはシノポルトギースのショップハウスが建ち並ぶ通りなので、オールドな雰囲気がある。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
爆竹は邪気を払うために鳴らされる。

手前の男性が長々した爆竹を持っている。
手前の男性が長々した爆竹を持っている。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

災害でも起こったかと思えるほどの状況。
災害でも起こったかと思えるほどの状況。

 

隣で爆竹を投げまくっていた男子
隣で爆竹を投げまくっていた男子

 

クラビ通りは中華系のお年寄りも多い。
クラビ通りは中華系のお年寄りも多い。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

行列が通り過ぎるとた後は天気までよくなり、道は爆竹の残骸で真っ赤。一緒に行った友人はマスクをしていたが、全身が爆竹の匂いにまみれて、気分が悪くなってしまったのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA