プーケットの中国寺│海の守護神・媽祖を祀る【Mae Ya Nang Shrine 】

中国の雰囲気漂う、女神・媽祖様を祀る天后宮

プーケット,中国寺
【Mae Ya Nang Shrine 】天后宮(てんこうきゅう)

 ここはまるで香港!?マカオ!?

P1015429朝の澄み渡る青空の下、白と赤が基調のお寺をバックに中国スタイルのサラで朝ごはんを食べている中華系のおばさんたち・・・

とその風景全てがまるで中国に来てしまったかのような、中国映画のワンシーンのように思えた。

天后宮(てんこうきゅう)は、オールドプーケット中心を通るタラン通り交差点をはさんで伸びるクラビ通りにある。

お寺周辺には、ココナッツの卸売店や古いバイク修理店など生活感のある店や、軒先でスイーツを売るおばさんがいたり、その昔は中国語学校だった建物を改装してできた華僑達の歴史と今を垣間見ることができる【タイフア美術館】がある。

オールドタウン,クラビ通りまた、オールドスタイルのカフェ、華僑の有力者達が築いたシノポルトガル様式の豪邸をレストランにしている【ブルーエレファント】、一般に家を開放して見学できる【チンプラチャハウス】などがあり、18~19世紀、錫の生産と交易で栄えた時代の姿を残している。個人的にも大好きなエリアだ。

 海の守護神・女神媽祖(まそ)様を祀っている

天后宮は昨年創立160年を迎えプーケットでは古いほうに分類される寺だ。通りから少し奥まったところに建つ寺は、通り沿いから見るとその良さに気づきにくいが、寺の造りが本場中国のスタイルを感じさせる。

本堂の建物を中心に両脇の建物は左右セメトリカルな造りになっている。両脇の建物にはアーチ形のドアや赤窓、壁の上部は赤い装飾がほどこされ、背の高い本堂と両脇の建物を仕切る壁は湾曲を描き、本堂の屋根は派手ではないが龍が飾られているその姿は、まさに中国。

今まで見たお寺の中でここの外観が一番のお気に入りになった。入口の門の上部もかなり手の込んだ装飾がされているので気をつけて見てみて。

Mae Ya Nang Shrine 天后宮, プーケットタウン
中心にいるのが媽祖様。

本堂に入ってみると、赤い壁の前に色鮮やかな衣装や装飾品を身にまとった女神様がいた。ここの主祭神は船乗りや漁師などの守護神である媽祖様(まそさま)を祀っている。

天后という最も位の高い尊号がついていて、中国沿岸部で信仰を集め、今でも台湾・福建省で強い信仰があるという。プーケットの中国移民は福建省からの人たちが多いことからと、プーケットが島ということでこの女神様がこの島に祀られことに納得。

島国日本でも沖縄、横浜中華街、青森の大間など各地でも祀られている女神様だそうだ。

お参りをする時は、世話役のおばさんがロウソクの火はここで点けてとか、どの神さまからお参りするなど教えてくれるので安心。お線香とロウソクを頂いたらタンブン(寄付)をしましょう。

女神様のお寺は調度も艶やか!

Mae Ya Nang Shrine 天后宮, プーケットタウン
媽祖様とともに祀られる女神様の装飾も美しい。

【媽祖(まそ)様】の衣装や装飾品は手が込んでいて艶やか。特に顔を隠すように垂れ下がるベール? 髪飾りの延長?のような装飾品はパールらしきものやキラキラした素材でできていて、女神様らしく細部に凝った美しいものをまとっている。

香炉はどれも立派な真鍮製で、装飾された龍の目には赤い石がはめられていて芸が細かい。祭壇の上や主柱にかかる色鮮やかな垂れ幕は、なんとも手間隙かかっただろう素晴らしい刺繍や飾り付けが織り込まれている。

これは台湾から寄贈されたものだという。やはり本場から来たものは重厚さがある。それになんといっても漢字がきれい。時々驚くようなヘタな漢字を目にすることがある(笑)。

【媽祖(まそ)様】の両脇には、媽祖様の目となり遠くまで見通せる千里眼と遠くの声を聞き分けお伝えする【順風耳(じゅんぷうじ】)が仁王立ちしている。見た目は風神雷神のようですが・・・。

Mae Ya Nang Shrine 天后宮, プーケットタウン
虎爺にお参り。

ほかには商売繁盛の神様や土地の守り神【虎爺】も祭られている。

ここの【虎爺】は愛嬌のある顔で迫力は一切ない。【虎爺】はどこの中国寺にもいるので、他の【虎爺】についても今後書いていきたい。

巡礼を始めてみて、改めてこのお寺は女神様を祀っていることで、女性らしい艶やかな正統派中国寺だと思った。まだこの時は、これから巡り逢う仰天!中国寺院のことなど知る由もなかったのだ。

場所:プーケットタウン・クラビ通り。夕方6時まで参拝できる。

memo

 

 

 

プーケット,Hae Chee,ロバ,キエン

通りをはさんで左斜め向かいにあるプーケットババキュイジーヌの一つ、ロバやキアンを売る店がある。

ここの厚揚げ、厚揚げのモヤシとマンケウ揚げ、小エビとモヤシとマンケウと粉を混ぜての一口サイズに揚げた【Hae Chee】を食べてみて。豆腐は他の店のものよりも大豆の味が濃くにがりが少なく、日本人の口に合う。

店の構えはとても古びていて老舗感(?)がありますが、まだ20年余りの歴史だとか(笑)。ぜひご賞味あれ!午後3時には閉店。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA