マーソンと寿命。北斗七星を慰労する儀式@Bang Niow-Oct.5 2016

10月5日、夜7時30分から、バーンニャオで北斗七星を慰労する儀式が行われた。道教によれば、北斗七星を介して人間はパワーをいただくことができるんだそうだ。

バーンニャオでは、10月6日朝にマーソンの行進が行われる。北斗七星の儀式はその前日に行われることになっている。この儀式では御札やミサンガのような紐が配られるため、それをいただきに来る人も多い。

プーケットベジタリアンフェスティバル

 

 

 

不思議だったのは、御札を配ったあとにマーソンが赤いインクで信者の額に印を付ける。そのときのお付きの人はインド人のようだった。ここでどうしてインド人がでてくるのか謎!

赤いインクを第3の目に落とす
赤いインクを第3の目に落とす

最後にマーソンと寿命。マーソンになっている人たちは本当は死んでいるといわれている。マーソンになることで、今も生きていることができる、ということらしい。

だから、過酷な修業を課せられるのだろうか?今日はお経が終わったあと、斧を振りかざして、自分の背中を傷つけるという恐ろしい修業が行われた。ある一人のマーソンは自分の舌を刀でずっと傷つけていた。あまりに近くでやっていたため、凝視することはできなかった。

斧を自分の背中に振りかざす
斧を自分の背中に振りかざす
自分の舌を刀で傷つけるマーソン
自分の舌を刀で傷つけるマーソン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA